読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージしていることと、実際の体験の違いについて。初めての富士山登山を回想。

社会人一年目。大学時代の後輩たちが卒業旅行で向かう富士山に合流したのが、初めての本格的な登山と言えるものだった。

アウトドア用品店でアルバイトをしていた経験から、道具の使い方など知識だけは少しだけあった。

しかし、行ってみるとそこは想像とは別物の世界だった。

日本一高い山。

天候が良い時は、軽装でも登れるが、一度荒れるとそこは自然の猛威にさらされる場所。

僕たちが登山口にたどり着いた時は、大雨と雷で登山は不可能な状況。

天候の回復を待ち、登り始めたが、遅れを挽回しようと急ぐ足に、忍び寄るのは高山病。

なんとか山小屋に辿り着いたが、狭すぎて眠ることもできない。(意外とデリケートなもので・・・)

日の出を目指し、山頂へ向かうと、予想以上の寒さ。

全てが想定外と言ってもいい状況だった。

そもそも、経験がないから想定すること自体が無理なのだが。

 

何事も、机上で考えて想いを巡らせたとしても、実際に行動してみると思ってもみないことが起こるもの。

しかし、そこに待っているのは想像以上に素晴らしい世界だったりする。

f:id:hidekiakiyama:20160720235315j:plain

山頂でみた朝日はいまでも忘れられない。

何事も行動することで見えてくることがある。

 

Facebookhttps://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!基本的に承認させていただきます。

 

Twitterhttps://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。


(株)みらいのおとウェブサイト:http://mirai-note.com