読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード アクションカム撮影テスト【ヘルメット編】

先日、アクションカムを持って、今シーズンの滑り納め?に行ってきました^^

今回はヘルメットに付けて、手をフリーの状態で撮影しました。

取り付けた状態はこんな感じ。

f:id:hidekiakiyama:20170325213901j:plain

 

そして、ソニーのアクションカムには、こんなリモコンが付いています。

f:id:hidekiakiyama:20170325213919j:plain

こいつの電源を入れるとカメラの電源も入ります。

カメラのボタンを手探りで押さなくても、撮影を開始することができます。

これがとても便利でした!!

 

いくつか撮影して見ましたが、ヘルメットに付けて撮影するときは、誰かを追いかけながら撮るのがいい感じでした♪

 

youtu.be

 

☆募集中のツアー☆

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

子供達と中国地方を自転車で横断します。

f:id:hidekiakiyama:20170316234022j:image

島根県にやってきました!

明後日から、島根のくにびき自然学校のプログラムで子供達と中国地方を自転車で横断します。

明日はその下見。

今回はグループのインストラクターとして関わらせていただきます。

久しぶりの本格的な冒険教育プログラム。

安全第一で、子供達のチャレンジをサポートしていきます。

今からドキドキです^^

 

 

☆募集中のツアー☆

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

初めてのスキー・スノーボードにはスクールに入ることをオススメする理由

初めてスキー・スノーボードをする時には、スクールに入るのがオススメ!

 

理由① インストラクターは指導のプロ

スクールで働いているインストラクターは、日々技術を磨くために努力しています。

そこには、理論に基づいた指導法があります。

指導法はインストラクターによって違いがありますが、完全な自己流ではありません。

生徒が最短で上手になるためにはどうしたらいいか?を、考えながら指導してくれます。

 

理由② レベルの違う友達みんなが楽しめる

スキー・スノーボードに行く際は、友達同士で行くことが多いですよね。

メンバーみんなが滑れれば言うことありませんが、初心者と上級者が一緒に行って、上級者が教えるとなると、付きっ切りで教えなければなりめせん。そうなると、上級者の人は思うように滑ることが出来ません。

初心者がスクールに入ることによって、初心者は上級者に気を使うことなく練習出来、上級者はレッスンの間自分のペースで滑ることが出来ます。

スクールが終わる頃には基本的な滑り方を習っているので、上達も早く、一緒に滑る時も楽しく滑ることが出来ます。

 

小学二年生の姪っ子が90分のレッスンに入った成果がこちら!

youtu.be

 

 

☆募集中のツアー☆

wp.me

wp.me

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

 

スノーボードの試乗会

アクションカム撮影テストも兼ねて向かったスキー場で、

たまたま来期のスノーボード試乗会を開催していました。

f:id:hidekiakiyama:20170227224429j:plain

来季はハンマーヘッドに乗ってみたいな〜と思っていたので、午後から試乗!

ハンマーヘッドというのは、こんな形になった板のこと。

f:id:hidekiakiyama:20170227222208j:plain

有効エッジ(雪面と板が接する場所)が長くて、とても安定感があります。

 

試乗した板は、

①Gray Desperado carbon

②YONEX THRUST

③オガサカ FC-X

④オガサカ FC-S

⑤Gray Desperado Ⅲ Ti Type R

 

①②④は、カーボンが入った軽いタイプの板。

乗り味は軽くて、今乗っているオールラウンドの板の乗り味に近いものでした。

中でも②YONEX THRUSTは、僕の好みの板でした。

 

③⑤は、メタルが入っていて重いタイプの板。

③オガサカ FC-Xは、重くて硬く、僕には乗りこなすのが難しい板でした。

⑤Gray Desperado Ⅲ Ti Type Rは、同じく重くて硬いのですが、③よりも扱いやすかった印象。

試乗した動画です↓

youtu.be

いい位置に乗って入れば、雪面が悪くても板がずれることなく、グイグイと曲がっていきました。

メタル入りの板は、少々雪が荒れていてもほとんど影響を受けません。

これは、自分が上手いと勘違いするやつや…

 

そしてお値段がこちら。

f:id:hidekiakiyama:20170227222806j:plain

さすがに手が出ません^^;

 

どうしようかな〜と考えていたところ、

数年前のGray Desperado Ti Ⅲに乗っている友人が、

「俺もう乗らないから乗っていいよ〜」と、格安で譲ってくれることに!

 ツイテル〜〜♪

 

まずは、その板で練習しま〜す^^

 

 

☆募集中のツアー☆

wp.me

wp.me

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

【スノーボード】アクションカメラ撮影テスト

手に入れたアクションカメラを片手に、スノーボードへ!

撮影テストをしてきました。

 

今回は、

①前からの自撮り

②後ろからの自撮り

③追い撮り

④カメラを後ろ向きに持って追われ撮り

の4つをしてみました。

 

「①前からの自撮り」と「②後ろからの自撮り」は、

自分でカメラを持ったままの状態なので、

体のローテーション(旋回)を上手く使うことができず、少し滑りにくかったです。

映像としては、臨場感のあるものが撮影できました。

 

「③追い撮り」は、仲間に撮影してもらいました。

自分は自由に滑ることが出来るので、撮影者の腕次第といったところ。

スピード感のある映像が撮れました。

 

「④カメラを後ろ向きに持って追われ撮り」

前で滑っている人が後ろ向きにカメラを持って撮影するスタイル。

こちらは、迫ってくるような迫力のある映像が撮れそうです。

カメラをぶれないように持っておくのがポイント。

滑る人もカメラの向きを見ながら滑る位置を調整します。

 

撮影した動画がこちら。

youtu.be

 

楽しい一日でした♪

これからも色々な映像で皆さんに自然遊びの魅力をお伝えしていきます。

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

wp.me

wp.me

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

 

SONYのアクションカムを入手。

自然遊びの様子を映像に残そうと思い、SONYのアクションカム「FDR-X3000R」を入手しました!

f:id:hidekiakiyama:20170225195208j:image

この手のカメラはGoProが有名ですが、色々調べ検討した結果、SONYを選びました。

性能差はほとんど無い模様。

今回手に入れたSONYのアクションカムは、高性能な手ブレ補正が付いているので、動きのある映像を綺麗に残せそうです!

早速明日、試してみます♪

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!

Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

 

 

横串サミットにて、初めての内海町へ

福山市内海町へ行ってきました。

今回は、横串サミットという集いに参加させていただきました。

「瀬戸内の島々を横串でぶっさしてしまおう!」というこちらのサミットは、これまで8回開催されています。

僕は2回目の参加。

 

内海町は、福山市の南に位置していて、田島と横島で構成されている、海苔作りが盛んな町です。

天気はあいにくの雨でしたが、古い町並みが残る港町で、とても素敵な場所でした。

f:id:hidekiakiyama:20170205235231j:image

初日は宴会から始まり、二日目は内海町観光へ。

まずは、特産の海苔を作っている「マルコ水産」へ伺いました。

ここでは、海苔の製造過程を見させていただきました。

f:id:hidekiakiyama:20170205235255j:image

イケてるポスター

f:id:hidekiakiyama:20170205235507j:image

海苔製造ライン

f:id:hidekiakiyama:20170205235310j:image

海苔の高速移動

 

製造過程はこれだけではなく、たくさんの過程を経て海苔が出来ていることがわかりました。

 

そして、船に乗って沖の養殖場へ。

f:id:hidekiakiyama:20170205235548j:image

f:id:hidekiakiyama:20170205235601j:image

見にくいですが、網が張り巡らされていました。

f:id:hidekiakiyama:20170205235412j:image

専用の船で海苔を収穫する様子です。

船が下に潜り込んで、海苔をカッターで切っていくとのこと。

衝撃の光景でした。

今まで、海苔は網を張っておけば簡単にできるのかな〜と簡単に考えていましたが、

タネを育てることや温度調整が大変だということを知ることが出来ました。

  

見学の後は、クレセントビーチにある「zono kitchen」でランチ。

近郊で採れた食材にこだわったオシャレなレストランでした。

とても美味しかったです。(写真がなくてすみません)

 

食後は沼隈町の「新勝寺 禅と庭のミュージアム」へ。

f:id:hidekiakiyama:20170205235617j:image

見とれていて、ほとんど写真を撮っていません。。。

禅の文化を感じられる素敵な場所でした。

 

今回、初めて内海町を訪れましたが、地域にはまだまだ知らないことがたくさんあるなと改めて感じました。そして、そこにしかない人の営みや文化があって、それがとても魅力的なことも知りました。

 

そんな、まだ知らない地域のことをもっと知りたいし、地域の魅力と人を繋げていくこともやっていきたいです。

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

wp.me

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。