読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教えることが上達の近道

冬になり、時間がある時に、スキー場でインストラクターをしています。

 

専門はスノーボードなのですが、二年前にスキー場で働いていた時に、スキーを教えていただき、初心者の方に教える機会をいただいています。

 

スキーやスノーボードで斜面を滑るとなると、

道具の使い方

コケ方

身体の使い方

重力の影響

雪の状況

天候

などなど、

考慮しなければならない事がたくさんあります。

 

上記のことを考えながら、何も知らない初心者の方にどう伝えるのか?を考えて教えていきます。

教えるという行為は、自分自身が深く理解していなければ出来ません。

なので、研究もするし練習もします。

結果として自分自身の理解が深まり、技術も向上していきます。

 

何か上達したいことがある人は、教える立場に身を置くといいのかもしれません。

 

僕もまだまだ、スキーもスノーボードも、上達を目指しますよ〜♪

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

 

日本の文化体験。水引講座に参加。

日本の文化に触れるきっかけを作るために活動されている、My Japanさん主催の水引講座に参加してきました。

水引とは、ご祝儀袋の帯についている飾り紐のこと。

今回は、封筒の飾りつけや、ピアス作りを体験。

f:id:hidekiakiyama:20170130220427j:image

f:id:hidekiakiyama:20170130220446j:image

f:id:hidekiakiyama:20170130220450j:image

f:id:hidekiakiyama:20170130220740j:image

f:id:hidekiakiyama:20170130220657j:image

 僕以外、みなさん女性でしたが、工作が好きなので、とても楽しく体験することができました!

次回は3月5日に開催されるそうです。

 

日本文化に触れる機会はとても減ってしまっているので、こういった体験は貴重だなと感じました。

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583

お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a

お気軽にフォローお願いします。

初めてのバックカントリー

初めてのバックカントリーへ。

ボードワークスの牛尾さんのご案内で、深入山へ行ってきました!

昨日に引き続き、最高の天気。

f:id:hidekiakiyama:20170126225223j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225324j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225347j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225406j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225428j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225453j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225520j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225538j:image

f:id:hidekiakiyama:20170126225603j:image

素晴らしい一日を、ありがとうございました。

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!

 

Twitter

https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

 

自然からの贈り物

f:id:hidekiakiyama:20170125190145j:image

誕生日の今日は、スノーボードへ。

 

ナイスタイミングの寒波のお陰で、

晴天とパウダースノー、

気持ちの良い圧雪バーンという

最高の環境で楽しむことが出来た。

 

自然からの贈り物をいただきました。

f:id:hidekiakiyama:20170125190155j:image

f:id:hidekiakiyama:20170125190159j:image

時に自然は厳しい姿を見せるけれど、

こんなに素敵な景色も見せてくれます。

 

自然と調和していきましょう。

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

登山の思い出。富士山編。

登山を始めた当初、後輩たちと登った富士山。

社会人一年目の夏。

 

到着すると、雷雨で登れる状態でなく、しばらく待機していました。

時間とともに天気が回復して、いざ出発!

f:id:hidekiakiyama:20170124232601j:plain

登山口は、富士宮口から。

富士山山頂へ向かう最短ルートだったはず。

f:id:hidekiakiyama:20170124232438j:plain

コース自体は岩場が続いて、あまり変化がないけれど、

高度がどんどん上がって行き、景色はサイコー!

8合目の山小屋で仮眠をして、ご来光を見にいく行程。

夕方について、午前2時に起きて出発した記憶がある。

真っ暗な中、同じコースを登るたくさんの人が行列を作っていた。

山登り経験が少なかったので、防寒対策が甘くて、とても寒かったのを覚えている。

f:id:hidekiakiyama:20170124232446j:plain

山頂に近づき、しばらくすると、東の空が明るんで来た。

いつも当たり前のようにある太陽のはずなんだけれど、綺麗だったな〜。

寒さのせいか、ありがたみが感じられました。

f:id:hidekiakiyama:20170124232454j:plain

f:id:hidekiakiyama:20170124233414j:plain

登ってくる人の行列。

f:id:hidekiakiyama:20170124233436j:plain

山頂付近。

人、人、人、、、、

f:id:hidekiakiyama:20170124233521j:plain

山頂。

ここで、中学の仲間と遭遇した奇跡。

テンション上がりました!

 

何でもない登山の思い出ですが、ドラマがあって、鮮明に蘇ります。

山はいいですね。

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】


 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

 

雪遊び

f:id:hidekiakiyama:20170123094357j:image

いこいの村で開催された、子供達の雪遊びのイベントのお手伝いへ行ってきました。

大雪の中でしたが、子供達はそんなの関係ないといった様子。

雪だるまを作りやすいように、素手で出てきた子は、自然の厳しさを感じて号泣。

また一つ、強くなったね。

とても楽しい一日でした(^^)

 

 

雪道を車で走る時のポイント。

f:id:hidekiakiyama:20170120215746j:plain

本格的な冬が訪れて、雪道を走る機会が増えてきました。

僕の経験から、独断と偏見で雪道の走り方のポイントを伝えします。

 

雪道を車で走る時は、スタッドレスタイヤをつけた4WD車での走行がオススメ。

もちろん、2WDにスタッドレスタイヤでも走れますが、4WDがオススメです。

街中で、たまに雪道を走る程度なら、2WDで充分です。

しかし2WDの場合、上り坂で一旦停まると、再び登りだすのに苦労します…

2WDにスタッドレス、チェーンという選択肢もベター。

ごく稀に、FRでドリフトしながら走っている人もいるようですが、

一般ピーポーは見習わないようにしましょう!

(一度追い越されたことがあります…)

 

運転するときは「急」のつく操作をしない。

これも基本ですが、

急ブレーキ、急ハンドル、急加速

などなど、「急」がつく操作をすると、滑りやすいです。

 

滑りやすい道、滑りにくい道。

橋の上は、地熱がないため、一度凍るとなかなか溶けません。

街中でも、雪が溶けたかな?と思っていても、

橋の上は凍っていたりして、ヒヤヒヤする場面がよくあります。

 

気温が低くて風が強い場合、路面の雪が飛ばされて、

スケートリンクのようになっている場合があります。

通称"ブラックアイスバーン"というやつ。

これも滑りやすい。

 

意外と滑りにくいのは、

除雪された後に、しっかりと雪が積もった路面です。

タイヤがしっかりグリップするので、滑りにくいです。

 

滑って危ないのは、上り?下り?

断然、下りの方が危ないです。

下りは、重力が働いていて、一旦滑りだすと簡単には止まりません。

慎重に走りましょう

滑り出して、焦ってブレーキを踏むと、車はたちまち鉄の塊になります。

 

ブレーキチェックを忘れずに。

路面状況によって、滑りやすさは全く異なります。

周囲に車がいない直線で、ブレーキチェックを忘れずに。

 

何はともあれ、安全運転で冬のアウトドアライフを楽しみましょう♪

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】

【子供向け】

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。