読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実を数字で確認しないと間違える。

「事実を数字で確認しないと間違える。」

 

先日、藻谷浩介さんの講演会で冒頭に聞いた言葉。

藻谷さんといえば、デフレの正体、里山資本主義でお馴染みの方。

 

イメージや感情論で物事を語ると、間違えることがあると。

 

確かに。

 f:id:hidekiakiyama:20170119000019j:image

取り上げられていたデータの一つ。

2010年から2015年の間に、広島市の人口は20,200増えたそうです。

データを見れば一目瞭然。

増えたのは65歳以上の人だけ。

今後この動きは、更に加速して行くみたい。

世の動きを見据えて、次の一手を考えましょう。

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

「冒険」についての再考。

f:id:hidekiakiyama:20170117230600j:image

冒険と聞くと、とてもハードで大変なもののように感じるのだけれど、そうではない。

 

誰でも、

やったことがあること、ないこと

出来ること、出来ないこと

がある。

 

ある人にとってみたら簡単なことも、

別のある人にとってみたらとても大変なこと。

 

そんなことはよくある。

 

子どもにとって、初めてのおつかいなんかはまさに冒険。

観ながら、ハラハラドキドキするけど、無事に帰った時の表情はとても誇らしい。

 

大人にとっても冒険はたくさんある。

人と接すること。

自然の中で遊ぶこと。

田舎で暮らすこと。

などなど、数えればキリがない。

 

僕にとっても、日常はいつも冒険。

仕事は、どうなるかは誰にも分からないけれど、ワクワクする方向に進んでいっている。

趣味の領域でも、何年か前に一人で屋久島にいって山に入ったのも冒険。

一人で北アルプスに行ったのも冒険。

 

そんな日常の中にある、ちょっとしたことも冒険だ。

 

自分にとって出来るか出来ないか分からないものに挑戦すること。

 

これが僕の考える冒険の定義。

 

そこに踏み出すことによってでしか得られないものが必ずある。

 

そして、それが自分を成長させてくれる。

 

知らないこと。

知らない場所。

知らない人。

知らない自分。

 

そんなものに出会える、わくわくする「冒険」を提供していきたい。

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

冬がやってきた♪

f:id:hidekiakiyama:20170114185447j:image

中国地方にも、やっと冬がやってきました!

今日はスキーのレッスン。

明日はボードのレッスンです(^^)

たくさん積もれー♪

 

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

子どもたちの居場所。

NHKで放送された「ばっちゃん〜子どもたちが立ち直る居場所〜」を観た。

詳しく書いてあるサイトがありました。

 

www.imishin.jp

 

こんな方が、広島にいらっしゃったとは、知らなかった。

人が悪い事をするのは、お腹が減るから。

そんな事を話し、30年も無償でご飯を提供し、子どもたちの話を聞き、子どもたちの居場所となっている。

 

テレビを見ながら、ただただ尊敬の念を抱きました。

居場所がない子どもたちが、これほどまでの状況に追いやられているのかと。。。

 

子どもたちの居場所がないのは、コミュニティが崩壊していることが要因だと思う。

コミュニティが崩壊してしまっている原因は、都市化、ライフスタイルの変化、家族の形の変化、などなど。いろいろあって、これが答えだといえることは分からない。

 

昔の日本がの方がいいとは言わないけれど、コミュニティの力が強かった時代には、家族以外の場所があったんだろうな。

両親以外に、おじいちゃん、おばあちゃん、近所の人、、、子どもの周りには、たくさんのお節介な人がいた。

今は、そんなお節介な人は少ない。

昔の日本には、

「子どもは地域で育てるもの。」

そんな価値観が浸透していたのかもしれない。

 

今は個の時代。

マンションに住んでいても、お隣さんは顔をあわせる程度で、どんな人かを知っている人は少ないと思う。

他人には干渉せずに、生きていける。

 

居場所のない子供達のことを考えると、便利な反面、人が生きていくのに必要なものまで手放しているのかも…

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】

【子供向け】

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

僕の雪遊び遍歴。外遊びの楽しみは尽きない。

f:id:hidekiakiyama:20170109212123j:plain

僕がスノーボードを始めたのは、もう10年程前。

大学時代にアルバイトでアウトドア用品の販売を始めたのがキッカケ。

大学では、仲間が始めたスキーとスノーボードのサークルに入り、冬になると足繁くスキー場に通っていた。

 

それまでも、父に連れられスキーをしたりしていた。

産まれてから小学校一年生まで北海道にいたので、通学路も最高の雪遊びフィールド。

ツララを剣や銃に見立てて遊んだりしていたのを覚えている。

住んでいた場所の目の前でも、カマクラを作ったり、そり遊びをしたりしていた。

そんな、雪まみれの環境で育ったせいか、今でも雪の中で遊ぶのが大好き。

 

スノーボードのインストラクターを始めたのは、一昨年のこと。

スキー場に住み込みで働きながら、インストラクターをした。

シーズン中、B級インストラクターの資格を取ることを目標に練習に励んだ。

先輩からの指導と練習の甲斐もあり、無事合格できた。

去年からは、非常勤でインストラクターをしている。

そこでは、初心者の方向けにスキーのインストラクターもしている。

スキーもスノーボードも奥が深くて、出来るようになった!と思ったら新たな課題が生まれてくる。

 

これからも雪遊びはやめられそうにない。

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】

【子供向け】

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。

 

「守破離」事を成すにはまず基本から。合気道新年初稽古へ。

合気道の新年初稽古へ行ってきた。

今は週1〜2回、合気道の稽古をしている。

 

僕が通っている道場の稽古は、

瞑想から始まり、

般若心境、心身統一の四大原則を唱え、

体操、一人技、呼吸法と続き、

取りと受けに分かれる稽古に至るまでに、

毎回同じルーティーンがある。

 

これは、何よりも基本を大切にしているということ。

 

先生から伺ったことの一つに、「守破離」というものがある。

 

「守」は、型を守る事。

まずは徹底的に真似をして、基本を身につけていく。

 

「破」は、型を破る事。

型から離れて自分で考えてオリジナルを追求する段階。

 

「離」は、型から離れる事。

武道で言うと独自の流派。

この段階にいったとしても、

基本の型にはいつでも戻ることができないといけない。

 

これは何をするにも言える事。

スポーツでも、仕事でも、趣味でも、

 

今は出来ない事だとしても、

基本を大切にし、繰り返していく事で、

何事も、続けて行けば、やめなければ、

いつか「離」の段階に、たどり着くことができる。

 

だから、今何かやりたいと思っている人は、

まずは始めてみること。

そして、師を得ること。

そして、続けていくこと。

 

それだけで、その道のプロフェッショナルになることができる。

 

僕も続けて行きます。

 

 

☆募集中の冒険旅行☆

【大人向け】

【子供向け】

 

株式会社みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com

 

Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。
 

変わりゆく社会の中で、僕が出来ること。

f:id:hidekiakiyama:20170102170720j:image

これからやっていきたいことを考えた時に考えるのは社会のこと。

 

僕が持っている問題意識の核にあるものは、人と地域と自然の距離が遠くなっていること。

田舎で過ごす時間が、それを思い出させてくれました。

 

日本は戦後、経済成長をして経済大国と呼ばれるまでの国になりました。

お金が増えて、生活は豊かになりました。

けれど、たくさんの問題があることも事実です。

大量生産・大量消費の時代は、日本人のライフスタイルを欧米化していきました。

田舎から都市で働く人が増えて、田舎は過疎化し、高齢化、耕作放棄地の問題も生まれています。

家族の単位も、小さくなっていって、コミュニティが崩壊しています。

日々、テレビから流れてくる情報は、消費を煽ったり、そんなライフスタイルを良しとする情報が多いです。

自然環境に目を向ければ、開発による破壊は凄まじいものです。

日本人の自然観は、自然を支配することではなく、共存すること、調和することだったはずです。

 

社会は変わりつつあります。

インターネットやSNSの普及によって誰でも情報の発信者になることができて、ネット上で繋がることもできます。

人口も、どんどん減っていきます。

AIが発達して、無くなっていく仕事も出てくるようです。

 

そんな社会の中で、この先のどうやって生きていくのか?

僕たちは今、生き方を見直す岐路に立っているのかもしれません。

 

僕が答えを示すことは簡単ではありませんが、人々の生き方の選択肢を増やすことは出来るのではないかと思っています。

今まで知らなかったことを、知ること・体験することによって、眠っている価値に気付いて欲しい。

そのために、人、地域、自然をつなげる取り組みをしていきます。

 

これまで実現できた事、まだまだこれからな事、色々とありますが、粘り強く続けていきます。

 


Facebook
https://www.facebook.com/hideki.akiyama.7583
お友達申請はお気軽にどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/hideki_a
お気軽にフォローお願いします。


☆冒険旅行&冒険教育プログラムをプランニングする会社☆
(株)みらいのおとウェブサイト→http://mirai-note.com